マネジメント研修を取り入れる企業が増えている理由今、マネジメント研修に企業からの申し込みが殺到しています。それには、管理職のプレイングマネジャー化という背景があります。「管理職の負荷が大きく、部下育成に時間を割けない」「目先の成果を優先するあまり、部下育成の意識が薄い」「マネジメント業務が満足にできない管理職が多い」といった問題が多くのセクションで浮上。企業はその解決を図るために、管理職のマネジメントスキルを高める研修を重要視しているのです。注目度No.1のマネジメント研修

初級管理者向け主任~係長人気No.1

中級管理者向け課長~部長人気No.1

上級管理者向け役員・幹部人気No.1

HOME » 【役職・階級別】 マネジメント研修ランキング

【役職・階級別】 マネジメント研修ランキング

人材教育会社が実施するマネジメント研修プランを、初級、中級、上級管理者向けの3つに分類し、それぞれの特性や目的などを検証し、評判の高い研修ベスト3をご紹介していきたいと思います。

初級・中級・上級、階級別にマネジメント研修を選ぶ

ひと口にマネジメント研修といっても、新たに係長に昇進する人向けと、部長から経営幹部になろうとしている人向けでは、当然内容は変わってきます(共通する要素もなくはありませんが)。

例えば、主任・係長クラスの初級管理者向けでは、基本的ビジネススキルの復習や管理者に求められる基礎から始まり、自主性の強化や管理者としての考え方や行動を身につけていくやり方がメインとなってきます。

中級向けになると、部下への指導力強化に重点を置くような研修内容となり、さらに組織全体のことを見据えた考えや行動といったものが加わってきます。

そして上級向けになれば、物事を適格に見抜く力と適切な判断をできるだけ速やかに下せる能力を養う内容になっていくといった具合です。

以上の通り、マネジメント研修は対象となる階級ごとに、重きを置くポイントが異なってきます。それぞれの階級ごとの特徴・人気の研修セミナー一覧を参考にしてください。