マネジメント研修を取り入れる企業が増えている理由今、マネジメント研修に企業からの申し込みが殺到しています。それには、管理職のプレイングマネジャー化という背景があります。「管理職の負荷が大きく、部下育成に時間を割けない」「目先の成果を優先するあまり、部下育成の意識が薄い」「マネジメント業務が満足にできない管理職が多い」といった問題が多くのセクションで浮上。企業はその解決を図るために、管理職のマネジメントスキルを高める研修を重要視しているのです。注目度No.1のマネジメント研修

初級管理者向け主任~係長人気No.1

中級管理者向け課長~部長人気No.1

上級管理者向け役員・幹部人気No.1

HOME » なぜ今、管理職に研修が必要なのか

なぜ今、管理職に研修が必要なのか

ここでは、管理職の研修に関して、その必要性やもたらされる効果、そして管理職にはどのようなことが求められるのかといった情報をまとめています。

管理職にマネジメント研修が必要な理由とは

管理職の研修に対して「時間やお金がもったいない」あるいは「そんな暇があったら本業に回す」という考えをお持ちの方も少なくないことでしょう。しかし、そうした考えは、ますますの悪循環を招きます。固定観念にとらわれ、組織の硬直化に陥ってしまっていると言えるのです。「貧すれば鈍す」ならびに「衣食足りて礼節を知る」のことわざの通りなのです。

では、より具体的に、管理職の研修がなぜ必要なのでしょうか?単にリーダーシップの欠如といった原因よりももっと根本的な意識改革が必要だからです。平たく言えば、プレーヤー気質を捨てられないという問題があります。

管理職にはプレイヤーではなくマネジャーとしての資質が求められます。しかし、会社員なら誰でも思うことですが、自分がやることに生きがいやモチベーションを感じるはずです。その気概はあっぱれですが、組織運営の上では諸刃の剣になってしまうのです。 

該当ページでは、これらの事柄についてより詳しくご紹介しています。併せて、実際に研修を受けた方による成果レポートもとりまとめましたので、ぜひご覧ください。