マネジメント研修を取り入れる企業が増えている理由今、マネジメント研修に企業からの申し込みが殺到しています。それには、管理職のプレイングマネジャー化という背景があります。「管理職の負荷が大きく、部下育成に時間を割けない」「目先の成果を優先するあまり、部下育成の意識が薄い」「マネジメント業務が満足にできない管理職が多い」といった問題が多くのセクションで浮上。企業はその解決を図るために、管理職のマネジメントスキルを高める研修を重要視しているのです。注目度No.1のマネジメント研修

初級管理者向け主任~係長人気No.1

中級管理者向け課長~部長人気No.1

上級管理者向け役員・幹部人気No.1

HOME » なぜ今、管理職に研修が必要なのか » マネジメント研修後の成果

マネジメント研修後の成果

ただ研修を受けるのではなく、研修前後の行動ひとつで管理職研修の成果は大きく変わります。ここでは、研修前後の取り組みの重要性と、研修参加者の効果実感レポートを紹介していきます。

管理職研修で学んだことを最大限生かすために

これから管理職研修を受けようと検討している方も、あるいはその効果に懐疑的な方も「職研修を受けることで、職場はどう変わったのか?」というのは気になる所ではないかと思います。

管理職研修は「ただ漠然と受け流せば成果がでる」というものではありません

研修を受けたけど時間と費用の無駄だったと感じていらっしゃる方の多くは、研修を単に受けさえすればよいとお考えだったのではないでしょうか。管理職研修によって得たものを、職場に持ち帰り、組織の変革に役立てるには、正しいプロセスを踏まなければなりません。

まずは管理職研修前に、所属する職場や組織にどのような課題や問題点があるのかを洗い出し把握することが重要です。当事者が問題を問題として自覚していないというケースも意外と多くありますので、決して疎かにすべきではありません。

そして研修を受けたら、すぐにその内容を報告し、職場にフィードバックしなければなりません。研修を受けた本人が姿勢で示すだけではなく、同僚や部下にも、その成果を分け与えるのです。そして研修後一定期間が経過してから、職場や組織にどのような変換をもたらすことができたのかを検証しなければなりません。こうした手順をしっかりと踏んでこそ、管理職研修の成果は現れるのです。

管理職研修の参加者が成果をレポートで紹介

管理職研修を受けた方々によるレポートを紹介します。

■Aさん

「40代ということもあり、当初は『今さら研修なんて…』という気持ちもありましたが、発言や実演を繰り返していくうちに、やる気が出てきたのが自分自身でも分かりました。

特に『管理者のあるべき姿』や『部下育成にあたっての考え方』といった内容には心を打たれました。一緒に参加した同僚の中には涙を流していたものもいた位です。研修後は朝礼などで意識の共有化を図るなど、学んだことを実際の成果につなげていきたいと思います」

■Bさん

「はじめは戸惑いもありましたが、次第に自分達が抱える課題について積極的に取り組むという意識が芽生えたことに自分でも驚きました。

研修後にもその成果は出ており、以前は会議がダラダラして何も決まらないということもありましたが、今では会議の内容や目的が明確化され、具体性や、自主性をもって行われます。加えて以前は無関心だった他部門に関する提言や具申なども行われるようになりました」

■Cさん

「接客サービス業でありながら、積極性や溌剌さといったものが全社的に欠けている職場でした。意識改革を目的に、管理職全員が参加しました。

研修によって目に見えて大きな変化が起こり、上司や社長に臆することなく自分の意見やアイデアを述べるようになり、会議などでも発言量が明らかに増えました。それに比例するように各店頭でも活気が出てきたと実感しています」