研修が必要とされる背景

本ページでは、管理職研修を受講することの目的や必然性、研修の意義や期待できる成果などを掘り下げて検証します。

そもそも、管理職研修の目的とは何か?

本サイトでは管理職研修やマネジメント研修に関するさまざま情報を取りまとめていますが、「管理職研修は本当に必要なのか?」あるいは「管理職研修なんて必要ない」とお考えの方も少なくないことでしょう。外部の研修を受けるにはコストがかかる上に、本来やらなければならない業務を一定の期間ストップしなければなりません。

それこそ「そんな時間があったら、仕事に充てたい」というのが企業の本音でしょう。実は、それこそが管理職研修の必要性を如実に表しているのです。

ある調査によると、近年職場が抱える問題点として、実に87.6%が管理職のプレイングマネジャー化を挙げています。つまり管理者として部下を指導・監督する立場と同時に、一社員としてこなさなければならない業務も多く抱えているという現実です。

そのような状況では日々の業務に忙殺され、指導者や育成者としての能力を伸ばす余裕がなくなってしまい、ひいては部下が育たない、ますます余裕がなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

また、管理職の部下に対する指導力や部下育成の意識が低下してしまったり、正しいノウハウやスキルがないまま管理職業務を遂行しなければならないという負のスパイラルから抜け出せなくなってしまうという具合です。そして、この状況を打破するための有効手段こそが、他ならぬ管理職研修の受講なのです。

現在受講できる管理職研修の多くは、こうした企業の問題を受け、単に部下を管理・育成するスキルを教えるだけでなく、管理者自身の意識改革や動機付けという点を重視してカリキュラムを用意しています。それこそ組織を管理するだけでなく、より高度なスキルとして、自社が抱える経営課題を現場レベルに落とし込み、的確に状況を判断しながら運営していくという経営戦略を実現するための能力を育成するといったことまでを行なっているのです。

もちろんこうしたスキルが管理職研修を受けることなく、自社の業務を通じて身に付けられるというのが一番の理想です。しかし現実的には、そのような職場環境は極めて稀少でしょう。

つまり、優秀な管理職を育成することは、経営の根本を支える土台を強化するということであり、ひいては会社の将来をも左右するという重要性を担っているのです。「管理職研修なんて必要ない」という考えは直に改め、管理職研修の実施を具体的に検討すべきです。

その結果もたらされるものについては「マネジメント研修後の成果」のページで詳しくご紹介していますので、併せてご覧ください。

この記事の関連ページ

なぜ今、管理職に研修が必要なのか