マネジメント研修を取り入れる企業が増えている理由今、マネジメント研修に企業からの申し込みが殺到しています。それには、管理職のプレイングマネジャー化という背景があります。「管理職の負荷が大きく、部下育成に時間を割けない」「目先の成果を優先するあまり、部下育成の意識が薄い」「マネジメント業務が満足にできない管理職が多い」といった問題が多くのセクションで浮上。企業はその解決を図るために、管理職のマネジメントスキルを高める研修を重要視しているのです。注目度No.1のマネジメント研修

初級管理者向け主任~係長人気No.1

中級管理者向け課長~部長人気No.1

上級管理者向け役員・幹部人気No.1

HOME » 【研修スタイル別】 マネジメント研修ランキング

【研修スタイル別】 マネジメント研修ランキング

各社が実施するマネジメント研修プランを、合宿型、通学型、派遣型の3つに分類し、それぞれの特性やメリットなどを検証、そのうえで各々のおすすめ研修ベスト3をご紹介していきたいと思います。

合宿・通学・派遣…マネジメント研修はどれを選ぶべきか

ひと口にマネジメント研修と言っても、実に様々な種類があり、その分類方法もいろいろです。そのひとつ、「研修の実施方式」による違いというのは、意外にも大きな意味を持っているのです。

例えば、合宿型であれば、本業や家庭とは隔離された状況で研修に集中でき、より深く内容を身につけられる反面、一定期間本業を休まねばなりません。

通学型は、就業後や週末などを利用することで本業との両立も可能になります。ただし、合宿型に比べると内容の充実度や受講者の身の入り方という面で劣りがちです。

派遣型は、費用面と内容の充実度のバランスに留意すべき必要がある反面、社員数の多い企業などで意識の共有化をはかるには大変有効です。

以上の通り、合宿型、通学型、派遣型にはそれぞれにメリット・デメリットがあり、事業形態や職種、解決すべき問題などによって最適なプランは異なってきます。それぞれに個別ページを設け、より詳しく解説するとともに、おすすめ研修ベスト3を選出していますので、ぜひ参考にしてみてください。